再生可能エネルギーの活用【自然の力を利用したエネルギー】

新しい土質改良システム

土

汎用性も操作性も高い

土質改良機という機械の名前はあまり知られていませんが、インフラ整備などの現場では無くてはならない機械として、存在感を増しています。名前からもわかる通り土質改良機は、原料土を高品質な土に改良する為に使われます。土質改良は古くからある工法で、建設用地の限られた日本では多くの場面で活用されています。方法としてはショベルカーを用いたバックホウ工法や、ローター式のスタビライザ工法などがあります。またプラント型の定置式大型土質改良システムも存在し、再生土生成工場などとして稼働しています。土質改良機はこれら従来の工法に比べた場合に汎用性が高く、操作が容易であることが言えます。基本的なコンセプトは、原料土に固化剤などの添加剤を混ぜて土質改良する、という点で全ての工法で共通しています。プラントは一連の工程がシステムとして組まれているので、大量に安定した品質の再生土を生成できます。ただ大型の機械で定置式であるため、一度建設したら移動はできません。バックホウ工法やスタビライザ工法は現場での作業が可能で汎用性がありますが、添加剤の分量決めや混合の過程を人の手で行うため、再生土の品質が安定しないデメリットがあります。その点土質改良機は添加剤の分量はコンピューターで制御されており、混合も機械内で自動で行われます。自走式で作業現場に直接搬入して土質改良が出来るので用地の確保も容易です。土質改良というのはあくまで使い方の一つであり、添加剤の種類や配合の分量を調整すれば様々な使い方が出来ます。