再生可能エネルギーの活用【自然の力を利用したエネルギー】

心臓への処置をする機器

AED

人間ではできないことを

心臓が原因で倒れてしまった方は、救急車が到着するまでの間に生存率がどんどんと下がってしまいます。そのため、救命処置を行うことになるのですが、人間ができることは限られているのが問題です。しかし、AEDという機器があれば、人間では不可能な処置が自動的に行えるようになります。もしも、社員の命を守りたいと考えているのなら、AEDを導入して、心臓トラブルへのリスクを下げましょう。購入だけではなくレンタル制度もあるため、AEDの導入を考えているのなら相談をおすすめします。現在では社会貢献のためにもAEDが使われていますので、会社のイメージアップにもなります。なお、AEDを社会のために役立てたいと思うのなら、会社外の方でも持ちだせる場所に設置したほうがよいでしょう。そうすれば、前の道や隣の施設などで心臓が原因で倒れた方がいた場合に、一般人がAEDを使った救命処置を行えるようになります。ちなみに、インターネットにはAEDを設置してある会社だということを、地図上に掲載できるサイトがあります。設置していても周囲に伝わらなければ、上手く活用はできないため、そのようなサービスへ登録をしておきましょう。ちなみにAEDは記載されている説明通りに動かすだけなので、素人でも簡単に取り扱えます。ただし、もしものときは焦る可能性があるため、販売やレンタル会社が開催している講習に社員を一人か二人ほど参加させたほうが安心です。